Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩マニア

Feb 24th 2007

トロントの面白いところは、
街角ごとに、それぞれ特色があって、
雰囲気もガラリと変わるところ。

だから、お散歩好きのピヨ太、
天気がよければ、ズンズンどこまでも歩いてしまう。

そしてありがたいことに、
トロントの街は、道がほとんど碁盤の目のようになってるので、
東西南北さえ間違わなければ、方向音痴のわたしでも
迷うことはほとんどありません。


今日は、風がそんなになくて思ったより寒くなかったので、
(まあ、寒いことは寒いんですけどね…氷点下ですからね…)
大好きなQueen Street Westをひたすら西へ西へ行ってみました。

いつもはQueen Street WestをBathurst Streetとの交差点から西へ向かい、
Glandstone Avenueとの交差点までが、わたしのお散歩エリア。
寄り道しなければ、片道だいたい30分弱くらいかなあ。
今日もそのつもりだったんだけど、
何だか調子がよくてもっともっと歩けそうだったので、
もっともっと西に歩いてみることにしました。


初めての道。
初めての街並み。
こういう瞬間は、いつもちょっとワクワクします。


Glandstone Avenueのちょっと先にある、高架橋をくぐると…


おおー、さすがトロント。
街並みがガラリと変わりました。

今まで歩いていたエリアは、
オシャレで個性的なカフェやアート系のショップが、
ぎゅぎゅぎゅって密集してました。
いわゆる「アーティスト」の集まりそうなエリア。

でも高架橋の先は…
何となくレトロなビクトリア調の建物がたくさん。
なのにお店の多くは、東南アジア~南アジア系が多い。
あと中東系もちょっとあったかな。
とにかくエキゾティック。

中でも特に、ベトナム料理屋さんをたくさん見かけた気が…。
そして歩いてる人たちも、もちろん色んな人種の人がいましたが、
やっぱり東南アジア~南アジア系の人が多い気がしました。
(あくまでも、わたしの感想だけどね)

うーん、不思議な独特の雰囲気。
土台はイギリス系なんだけど、
上張りは東南アジア~南アジア~中東ってカンジ。
い~ですねぇ~。


それにしても、隣接した2つの街並みが、
こんなにも違ってビックリで面白~い( ̄ノ▽ ̄)ノ♪
だからトロント好っきやねん。(なぜか関西弁)

お散歩は、
お金かからないし(←寄り道したお店で衝動買いさえしなければ)
歩くからダイエットになるし(←ひと休みで入ったカフェでガッツリいただかなければ)
最高の趣味です(笑)

また新たな街並みを発見しに、
お散歩に励みたいと思いまーす。




スポンサーサイト

シアワセバースデー④

Feb 16th 2007

シアワセバースデーは、まだまだ終わりませぬ。

誕生日の翌日、カーリーと2人で、
あたしのお気に入りのカフェ「By The Way Cafe」へ。

あたしと彼女は、いろんな好みがホントに似ている。
あたしが気に入ったものは、たいてい彼女も気に入ってくれる。

案の定、このカフェもすごく気に入ってくれました。


それと、あたしと彼女の共通の趣味が、カフェで朝ごはん食べること。
今回カーリーは、わたしの誕生日プレゼントに
カフェでの朝ごはんをごちそうしてくれるために、
ミネアポリスからトロントまで飛んできてくれたのです。

さすがカーリー。
あたしの喜ぶ的をしっかり得ております!!!


ご飯のあとは、わたしたちのお気に入りのエリア、
Queen Street Westへ。

Bathurstより西のQueen Stには、
とってもとってもカワイクてオシャレなお店やカフェが、
たくさんたくさんあるのです。

この日の夕飯は、部屋のオーナーさん一家に夕飯に招待されていたので、
約束の時間までに帰らなければいけなかったんだけれど、
あちこちのお店に寄り道していたら、時間がブンブン飛ぶようにすぎて、
あっという間に夕方。
ちょっと遅刻してしまいました( ̄▽ ̄;;;


そして、実はこの夕飯後にも、
またまたサプライズがあったのです。

なんと、デザートに、
とってもとってもとーっても大きなバースデーケーキが運ばれてきたのです!
ほんとにほんとに大きくて、A4サイズのノートを横に2つ並べたくらいの大きさ( ゜∀ ゜)
しかも、デコレーションに、
あたしが愛してやまないアイスホッケーのスティックが、
アイシングで描かれてました(笑)

特製バースデーケーキ~アイスホッケーLOVER仕様(笑)
P1250177_convert_20080706115143.jpg


ロウソクを吹き消す時、
「Make a wish!(お願い事して!)」
って言われて、思わず
「Immigrate to Canada---!!!(カナダに移民するぞぉぉぉ!!)」
と叫んだわたし(爆)

ええ、心からの叫びです。
ってなワケで、よろしくお願いしますよ、カナダ移民局さん!


さて、こんな感じで、
誕生日前日の木曜日から3日間、
サプライズ続きの今年の誕生日。
きっときっと、
今までにないくらい素敵でハッピーな1年になりそうな予感でイッパイの
楽天家のわたし。
今年も暴走しまーす( ̄▽ ̄)ノ




シアワセバースデー③

Feb 13th 2007

まだまだ続く、シアワセバースデー。

さてさて誕生日当日の夜。
ピヨさん、とうとう念願のピアスをあけました( ̄▽ ̄)ノジャジャーン。
ずっとずっとずーっとあけたかったんだけど、勇気がなかった…。

でも、ここカナダにいると、ピアスなんて小学生でもあけてるしね。
同僚のコートニーなんて、方耳5つづつ(両耳で10個!)あけてて、すごくおしゃれ。
ここでは、あけてないあたしが超少数派~。
つか、今や日本でも少数派。
化石よ化石。


で、
自分への誕生日プレゼントに、
ピアスをあけることにしました。

ちょうど今、アメリカから友人カーリーがたずねてきてくれているので、
一緒に来てもらえるのでとても心強いっ!!!
今しかないっっ!!!!


…ってなわけで、あけました。

ピアスは、思ったより痛くなかったけど、
耳に何かがぶら下がってる感じがして、
しばらく、全神経耳に集中。

消毒等の説明は、全部カーリーに聞いておいてもらいました。
(緊張のあまり英語聞いてる余裕がなかったので。汗。)

何だか、でっかい仕事をやり遂げた感じで、
なぜだか自分が誇らしくなったわたし。
ちょっと大人になった気分。


そのまま2人で「Madison(マディソン)」というアイリッシュパブに行き、ビールで乾杯。
ビール飲んだら、すっかり耳の調子もいい感じに。
大盛りのフィッシュアンドチップスも全部たいらげ、カーリーもビックリ。


2年前の夏、カーリーと出合った夏、わたしたちはよく、
ビールとフィッシュアンドチップスのために、街にくりだしてました。
だから、彼女と一緒だと、何だかフィッシュアンドチップスを食べたくなるのです。
完全に条件反射(笑)

でも、その頃は、
カナダサイズの量が食べ切れなくて、
いつも半分くらい残してたのに…。

今や、わたしの胃もカナダサイズさ!


そのあとは、同僚のジュリイんちにお邪魔して、引き続きビールで乾杯。
ジュリイとコートニーにあけたてホヤホヤのピアスを自慢しまくり、
「じゃあ、次はタトゥーだねー。」
と言われ、ちょっとおじけついたわたし。

でも、実はちょっとタトゥーにも興味が…。
だってカワイイしカッコイイ。
来年の誕生日のプレゼントはタトゥーかも?!


と、そんな感じで、
ピアスとビールと友人達に囲まれて、
誕生日当日の夜は更けていきました。

なんて素敵なシアワセバースデー。






シアワセバースデー②

Feb 11th 2007

2月9日、誕生日当日。金曜日。
この日も、昨日の木曜日の続いて、
うれしいサプライズがあったのです。


午後2時頃のこと。
幼稚園クラスの担任ジュリイに頼まれて、
こどもたちをみていました。

すると、ジュリイとコートニー(7・8年生クラスの担任)が、
「Happy Birthday to You ~♪」
って歌いながら、
ロウソクの灯ったケーキを持って、
教室に入ってきたのです!

こどもたちも一緒に歌い始めて、
大合唱♪♪

わたしは、びっくりして目が点 ( ゜゜)
歌が終わったあと、
「Happy Birthday ピヨ太先生!!!」
って!!!!!

子どもたちひとりひとりが書いてくれた絵と、
先生たちからのバースデーカードをプレゼントしてもらいました。


全然期待してなかったので、すんごくビックリ。
みんな、内緒で準備してくれてたんです。

「もー、バレないようにするの大変だったんだよー。」
って、ジュリイがホッとして言ってた(笑)


担任のジュリイと、
副担任のオルガと、
教育実習生のルニーンと、
7・8年生担任のコートニーが中心になって、
準備してくれてたようです(T▽T)ウルウル


その後、他のクラスの先生たちもかわるがわるやってきて、
オメデトウオメデトウって言ってくれました。
カナダでは、同僚のバースデーは大きなイベントなんですね。


サプライズ続きの今年の誕生日。
素敵な33歳の幕開け。



シアワセバースデー①

Feb 10th 2007

昨日(2月9日)は、ピヨ太33歳の誕生日でしたっ( ̄▽ ̄)ノ
今年は、とってもたくさんのサプライズがあった誕生日。


何と言っても、一番のサプライズは、
誕生日前日の木曜の夜に、
アメリカの友人カーリーが、突然たずねてきてくれたこと!


その前の晩に、彼女から電話があって、
「明日の夕方5時半~6時半は、家にいる?」
ってきかれたんですよー。
あたしゃ、てっきり、
プレゼントが、時間指定の宅急便で届くのかなって思ってました。

そして、次の日の夕方5時半、
玄関先にたっていたのは配達の人ではなく、彼女本人で、
腰が抜けそうになるくらいビックリしましたっ( ̄▽ ̄)

だって、誰が想像します??
アメリカはミネアポリスの友人が、
あたしの誕生日のために、仕事休んで、飛行機乗ってきて、
カナダはトロントの、ピヨ太の住んでる家の玄関先に立ってるなんて!!!


映画みたい。
うん。まるで映画。
思わず恋におちそうになりました(笑)

その晩は、2人でうちの近所のタイ料理レストラン「Thai Basil(タイ・ベィジル)」へ。
ここは、オッシャレーなタイレストランです。
あたしはグリーンカレーを、彼女は豆腐と野菜のタイ風炒めを食べました。

何か、いるはずのない彼女が目の前にいて、
まるで夢の中にいるみたいな感覚。


誕生日前夜祭。
32歳最後の夜。
思いもかけなかった形での、
シアワセバースデーの幕開けでございました。



うちの近所のこと

Feb 3rd 2007

ここのところ、ここの日記が、
職場ネタばっかりなコトに気付いちゃいました( ̄◇ ̄)

まあ、平日は家と職場の往復だし、
友人も職場関係の人が多いので、
自然と話題がそうなっちゃうわけなんですが…。

なので今日は職場ネタから離れてみようかと思います。
せっかくの週末だしね。


さてさて、そんなわけで、
うーん、そーだなあ、
今日は、わたしの住んでるあたりについて書いてみようかなあ。

わたしの住んでる家は、
ANNEX(アネックス)と呼ばれるエリアの西端あり、
コリアンタウンと隣接しております。
ANNEXはアート系・エコ系のお店がたくさんあって、
あと、おしゃれなカフェやバーもあって、
ブラブラ歩きにはもってこいのエリア。
夜中まで若者達でにぎわってます。
あと、なぜか寿司レストランが結構あります。(入ったことないけど。)

いわゆる「北米気分」に浸りたい時は、
ひたすらこのANNEXを歩きます。


そして、ANNEXの西に隣接してあるコリアンタウン。
わたしんちは、ANNEXとコリアンタウンの境目にあるのです。
なので、うちを出て西に行けば、「あら韓国!」なわけです。
コリアンスーパーマーケットもあって、
そこでは日本の食材も、たいていのものは手に入ります。
便利便利~。


全く異なる雰囲気のエリアにはさまれて、
まさに多民族都市トロントらしいエリアに住んでるわたし。
気分しだいで、お散歩コースは西か東かに変わります。

自分の部屋については、
ベースメントだし、
狭いし、
窓ないし、
正直好きになれないけど、
このエリアが大好きなのです。
ダウンタウンにも近くて便利だし。
あと、通勤にも便利な立地。

オーナーさん一家も、とてもフレンドリーでいい人たちなので、
しばらくここに居座るつもりでいます。
更に、彼らはカナディアンなので、英語環境的にも申し分ないのです。

今日は「北米」気分だったので、東方面(ANNEX)へお散歩。
…のつもりだったんだけど、あまりの寒さに断念。
Second Cup(コーヒー屋さん)に逃げ込み、
ホットチョコレート(ホイップクリーム添え)で一息。

ちなみに今日の最高気温は-8℃。
体感気温は-20℃。

お散歩にはちょっと辛い季節ですなあ。



日本人カウンセラー修行中

Feb 2nd 2007

最近ようやく、日本人カウンセラー的お仕事もするようになってきました。
今週の月曜日、4人の日本人女子高生が、うちの高等部に留学してきたのです。
彼女達はこれから1年間、ここで勉強します。

みんなフレッシュな感じでカワイイ。
不安と期待でイッパイな感じが、ひしひしと伝わってきます。
ああ、若いっていいわあ(爆)

彼女達にとっては、
まだわからないことばかりのトロント生活。
そんな中で、わたしが日本人というだけで、とても慕ってくれています。

彼女達のトロントライフが軌道にのるまで、
できるだけ力になってあげたいと、とても思っておりまする。

わたし、思った以上にこの仕事が好きな模様(◎ ̄▽ ̄◎)テヘ


そして今日、我が幼稚園クラスに1日体験の女の子が来ました。
なんと彼女も日本人!
体験入学とはいえ、初等部初の日本人生徒です!!

彼女のお母さんに、
「こんにちわ」って日本語で話しかけたら、
「日本人の方ですか!」
ってすごく驚かれ、そして喜んでもらえました。

来年小学校1年生になる娘さんのために、
すこしでもいい学校を探しているところ、とのこと。

とても熱心に質問されたので、わたしも一生懸命答えました。
だって学校選びって、とっても大変で真剣で重要なの知ってるから。

最後に、
「日本人の方がいてくれて心強かったです。」
って言ってもらえて、とっても嬉しかった。

同僚の先生たちにも
「彼女にいろいろ説明してくれてありがとう」
って言ってもらえました。

1日体験を終えた娘さんも、
すっかりうちの学校が気に入った様子で、
「楽しかったー♪」
って言ってくれました。
ヨカッタヨカッタ。


そんな感じで、最近のピヨさんは
日本人カウンセラー的お仕事もしております。



Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。