Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっこし完了

Mar 24th 2007

引越し完了ー( ̄▽ ̄)v
思ってたより大変だったけど、なんとかなりました。
何が大変だったって、階段の昇り降りがキツかった。
何しろ、地下から屋根裏(3階)なので、
荷物もって何回も行ったり来たりするには、キツイ。
最後の頃は足元フラフラしてました。(←もしや歳のせいか?!)

でも、新しい部屋、相当気に入ってます。
前の部屋の2倍くらい広いし、窓あるし。
荷物片付けながら、何回も窓から外のぞいてしまった(笑)
今日は雨空だったけど、それでもウレシイ。


お世話になったベースメントも、
隅から隅までお掃除したので、結構時間がかかってしまった。
ほんとは、同僚の先生と飲みに行くはずだったんだけど、
さすがに疲れてキャンセルでした。
残念。

部屋を移ったのを機に、食事付きのステイにしてもらうことにしました。
ベースメントは、キッチンもバスルームも、リビングもあるから、
オーナーさん一家から半独立してたんだけど、(入り口も違うし)
今日からは、全部オーナーさん一家とのシェアになるから、
どうせだったら、ご飯作ってもらった方が楽だし、気使わないしね。
それにマム(←オーナーさんのお母さん)の料理は、
野菜たっぷりでとってもおいしいのだ。
わたくし料理苦手なのでちょうどよかった。
買出しに行かないですむからラクチン♪


うぅぅ~、明日は朝日の差し込む部屋で目が覚めるのかと思うと、
ワクワクして、疲れてるのに眠れないかも。
もうコレだけで、こんなに興奮してるわたしもわたしなんだけどね。
日本の親がきいたら泣くねー、絶対。(笑)




スポンサーサイト

地上へ!

Mar 23rd 2007

春だー。
トロントに春が来たよー。


実はわたし、明日引越しを致します。
引越しといっても、同じ家の中で、部屋が変わるだけなんだけどね。
ベースメントから屋根裏部屋へ移動することになったんです。

ようやく地上で暮らせる。
カナダに来てから10ヶ月、ようやく窓のある部屋で暮らせます(笑)


最初の頃は、
「窓なんてなくても全然オッケー。どうせ寝るだけだし~。」
くらいに思ってたんだけどね。
やっぱり、時間の経過がわからなくて、
生活時間が乱れやすかった( ̄◇ ̄;;
気もめいるし。
お日様の光の大切さを実感した10ヶ月でした。

春本番を目の前にして、
窓のある部屋に移動できてウレシイ♪
しかも空に一番近い屋根裏部屋。
さあて、ビールでも飲みながら荷造りするかな~。



東カナダ小旅行②~PEI

March 20th 2007

昨日に引き続き、March Breakの東カナダ小旅行その②
PEI編です。

ハリファックスをあとにして向かったのは、
2005~2006年の約8ヶ月暮らしていたPEI。
ここがわたしにとっては、カナダで最初に暮らした場所。
カナダのふるさとです。

シャーロットタウンの長距離バスターミナルでおりると、
そこは全然私の住んでいた頃と変わりなく、
いい感じに、ものすごくひっそりとしてました。
宿泊先のB&Bまでてくてくあるいていったけど、
約1年ぶりなのに地図見なくても全然大丈夫でした。
なつかしい景色がいっぱい。

とはいえ、時は1年たっているわけで、変わってしまったこともあるわけです。
その最大の変化は、
当時ホームステイしていた一家が、
離婚してバラバラになってしまったということ。

わたしがステイしてた家にはホストファザーが暮らし、
マザーは自分の実家に暮らしているとのことです。
で、もうじき5歳と1歳になる息子たちは、
その2つの家をいったりきたりしているそうです。

これは仕方がないことなんだけど、
離婚率が高いカナダでは珍しいことではないんだけど、
なんだか悲しい気持ちになりました。

でも今回ピヨ太が里帰りするって言うことで、
なんと家族全員が集まってくれたんです。
久々の再会は、照れくさくてこそばゆくて、うれしくて、
でもやっぱりちょっと切なかったな。

立ち去ろうとしたマザーを、
おどけたふりして通せんぼしていたおにいちゃんのザックリー。
ママを心配させないようにわざとおどけてるのがわかって、
わたしは涙がでちゃいそうだったよ。
あの頃は超わがまま3歳児だったのにさ。

すごく大人になったんだね。姉さんビックリだわよ。
P2280014_convert_20080706132347.jpg



あと、懐かしい再会といえば、当時飲み仲間だったN氏。
ヤツは、わたしが通ってた語学学校の寮長的存在だった人。
よく一緒に飲んだくれては人生を語ってました。

そんなN氏のバースデーパーティーがあったので、こっそり参加。
久々のわたしの登場にN氏もビックリしておりました( ̄▽ ̄)v

当時と変わらぬ飲みまくりパーティー健在。
P2280019_convert_20080706133025.jpg


懐かしい再会がたくさんの、今回の小旅行。
特別に観光もなにもしなかったけど、すごく充実、すごく満足。
そういう、のんびりと里帰りできる場所があるって、
すごく素敵なことだなあって、しみじみと思った旅でした。





東カナダ小旅行①~ハリファックス

March 19th 2007

10日間のマーチブレイク(春休み)明け、出勤1日目の今日。
実はわたし、昨日の夜、東カナダ小旅行から帰ってきたばかり。
旅の疲労が抜け切らないまま迎えた今日の朝。
学校までの道中、いつもにましてヌボーっとしておりました( ̄_ ̄)


今回の小旅行は、ノヴァスコシアのハリファックス3泊とPEIのシャーロットタウンに4泊。
旅行というか、ワーホリ時代の思い出の場所めぐり、里帰り的旅行でした。
なので観光はほぼ皆無。

ハリファックスでは、またもやEast Coast Backpackersに泊まりました。
ここは、ワーホリ時代に数回利用させていただいた宿で、
老若男女とわず、ここでいろんな国からきた旅行者と出会いました。
激安宿なので決してキレイではないけど、思い出いっぱいつまった大好きな宿。

すごかったのは、今回同室になった韓国人の女の子が、
わたしがちょうど1年前にここに泊まった時に同室だった男の子のいとこだったこと!!
すっごい偶然すぎ!!!

こういうことが起こるから、旅が好きです。
しかもひとりで、こういう安宿に泊まりながら、
こうやって出会いのある旅が大好きです。


さて、ハリファックスにきた今回の目はアイスホッケー。
PEIに住んでた時、超お気に入りだった地元の選手が、
彼の故郷ハリファックスのチームに移籍したって聞いたから。

Halifax Moosehead vs Acadie-Bathurst Titan
これは試合前の練習風景。
P2230005_convert_20080706132127[1]


ハリファックス最後の夜、試合のあと、
勇気を出して、地元のギャルや子どもらに混ざって選手達を出待ちし
チームメイトと談笑中のお目当ての選手にはなしかけて、
しかも握手までしてもらっちゃいました。

「PEIのチームにいた頃からファンだった」
って言ったら、もしかして一緒に写真とったことを思い出したのか、
(↑実は去年も出待ちして、一緒に写真をとった・笑)

「あ!」
って顔を一瞬してました。
確かに、片田舎のジュニアメジャーの選手を、
ここまで追いかけてくるアジア人女子はほぼ皆無でしょうからね。

ここでもそうとう目立っちゃってたし。
まあ、いいんです。
彼に会うためにハリファックスに来たんだから。
ぽぽぽぽ。
来てよかった。


カナダにいたいわけ

Mar 4th 2007

昨日と今日の2日間、
ずっとずっと考えてました。
わたしがカナダにいたいわけ。
とりわけ、トロントにこだわってるわけ。


あたしは、この街が大好き。
人種も文化もミックスで、
「自分と人は違っていて当たり前」っていうスタンス。
そして、人に迷惑かけない限り、
必要以上に干渉されないところが好き。

いい意味で、わたしを「放っておいて」くれるこの街。
それは決して冷たいわけではなく、
たとえば、必要な時に
「助けて!」
って自己主張さえすれば、
ちゃんと手をさしのべてくれます。

「わたし」は「わたし」でいいんだ。
そう気付かせてくれたこの街。
自分のことが大嫌いだったわたしが、
自分をちょっと好きになれた街。


移民して、「カナダでコレをしたい!」
って、特にはっきりした目的があるわけじゃなく、
ただ単純に純粋に、カナダに、トロントに住んでいたいだけなんです。
自分が自分らしく、心地よく暮らせる街に。

こんな、ゆるい目的じゃダメですかね?
でも、意外と大切な部分ですよね??



迷い道・回り道

Mar 3rd 2007

気付いたらもう3月。
ひなまつりだったのねー。
そんなわけで白酒代わりに、部屋でひとりビールを堪能中(笑)

さてさて。
ここのところ、ビザのことで頭を悩ませております。
カナダに移民申請を考えていたのですが、
いろいろ調べたり、移民相談サイトに問い合わせたりしたところ、
わたしの日本での職歴では、
Skilled Workerとしての申請が難しいことが判明(T_T)
(Skilled Worker:技術労働者。個人移民のもっとも一般的な枠)


それじゃあ、と、
いちかばちかで、今ボランティアとして働いてる学校に、
正式にワークビザを出してもらえるか相談したところ、
やはりこの職種では、ワークビザの取得が難しいのが現状とのこと(--#

それじゃなくても、ワークビザ自体、条件が厳しくなってるらしいので、
一応いろいろ、問い合わせはしてくれるみたいですが、
あまり期待はできません。


ただカナダに住みたいだけなのに、
悪いことなんてしないのに、
何でこんなに苦労してるんだ、わたし…( ̄◇ ̄;;;

ふうう。
そもそも、なんでこんなにカナダに住みたいんだ自分?!
なんで日本じゃだめなんだ、オーイ??!


自問自答してたら、
何だかワケがわからなくなってきました。
つかれて、時々「あきらめる」の選択肢も浮かんでは消えますが、
でも、あきらめたくないーっっ!!!

住みたい場所に住めない。
悲しい現実。
再び人生の迷宮に入りこんでるピヨ太でした。





お祝いの宴

Mar 2nd 2007

P2140190_convert_20101024110809.jpg

同僚オルガがもうすぐ結婚します。
今月末が結婚式。
なので、職場のみんなでお祝いの食事会をしました。

場所はエグリントンにある『Mandarin(マンダリン)』。
中華料理の食べ放題のお店です。
メインは中華料理ですが、なんでもありで、お寿司もありました。
なかなかおいしかったです。

今一緒に働いてるみんなは、年齢も近いせいか、みんな仲良し。
職場外でも、ちょくちょくこうやって集まって、本当に楽しいのです。
異邦人のわたしのことも、ちゃんと仲間としてみてくれる。

こんなステキな仲間と働けて、わたしは幸せ者だなあ。





Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。