Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズトークで人生勉強

8月26日(日)

友人ソフィアちゃんちでBBQをするというので、お邪魔してきました。

ソフィアちゃんの彼さん、Gさんの肉を焼く背中。
sophiahouse.jpg


あたしたち2人は、ワイン飲んで談笑中。

このテラスは3階で、この家の最上階。
BBQもあるし、ソフィアちゃんが育ててるハーブもあって、彼らのお庭的存在。
ちなみに茶色のペーパーバックは、蜂よけらしい。
(でも効果薄らしい。←ソフィアちゃん談)

Gさん特製ポークBBQ。
そして付け合せもすべてGさん作。
sophiahouse2.jpg


白いのはマッシュポテトを絞って、オーブンで焼いたもの。
ちょっとひと手間で、おいしさ更にUP!
ちょこんと乗ったミニトマトがニクイねー。

ちなみにニンジンは、Gさん特製オレンジソースでソテーしたもの。
あたしたちは、ソテー中に、そのおこぼれのオレンジをつまみ食い~(笑)

コリアンのソフィアちゃん。
もうすぐ正式にGさんと結婚して(今は同棲中)、移民の申請をするらしい。
Gさんとの出会いが、ソフィアちゃんの人生を大きく変えちゃったそうです。

で、実際、結婚・移民を行動に移すとなると、それにあたっていろいろ不安もあるらしく、
そういう何というか、彼女の本とのナマの意見はとても新鮮でした。

そりゃー、結婚だけでも大事なのに、国またいじゃってるからね。
いろーんなこと、彼女なりに葛藤して消化してるんでしょうね。

もともと、自分のキャリアアップのために、ちょっと語学留学にきたというソフィアちゃん。
人生ってなにが起こるかわかんないなあーって、
そんな彼女とのガールズトークから、切実に思ったりしました。
しかし今のところ、そっちの方の出来事は起こる気配がないピヨさん(爆!)

ガールズトークは、今のピヨさんにとって、ある意味人生の勉強の場であります。ハイ。
備えあれば憂いなしですよ!

ソフィアちゃん、Gさん、素敵なディナーごちそうさま。




スポンサーサイト

夏の終わりのカクテルパーティー

8月24日(金)

去年お世話になった会話学校の先生スーザンから、
カクテルパーティーのご招待をいただきました。

cocktailparty.jpg


スーザンの暮らすコンド(マンション)は、とってもオシャレ。
住人共用のパーティールームまである!
このパーティールームでもいいから住みたい!
…と思ってしまった、ベースメント在住ピヨ太さん。

パーティーは、そのパーティールームから続いている中庭のパティオにて。
素敵すぎる~っ!!

実はこの日は、あたしの学校事務のお仕事最終日だったのです。
こんな素敵なパーティーで乾杯してもらえて、とても光栄。

にしてもスーザンは、こうやってよく生徒や元生徒達に親切にしてくれます。
(あたしなんて、去年の、しかもたった1ヶ月間だけの生徒だったのに…)
すごくいい先生にあたったんだなあって思う。
普通しないもんねー。そこまでさ。

そんなわけで、夏の終わりの素敵でオサレなパーティーでした。

つか、夏もう終わり?!
つか、暑かったっけ??!
早っ!!!



morning glory

Corktownで見かけた気になるカフェ「morning glory」。
cafemg1.jpg

cafemg3.jpg

シンプルでポップな感じのインテリアが、とてもかわいくてグーです。

「morning glory」とは、英語で「あさがお」という意味。
その名にふさわしく、朝ごはん専門のカフェなんですね。

ピヨさん、今日もお決まりのサニーサイドアップを注文。
カフェで朝ごはんの時は、どこに行ってもなぜかコレを頼んでしまうのです。
cafemg2.jpg

このおっきな目玉焼きの下には、細切りにして押し焼きにしたポテトがひいてあります。
パリパリしておいしい。

お天気の日が似合うカフェ。
のんびりブランチ気分の日にまた来ようっと。
cafemg4.jpg


morning glory
King street x Parliament street をもう少し東に行ったKing street沿い南側です。


飲み続けの日

8月18日(土)

この日は、一日朝から飲み続け。
これでいいのか、あたしの人生?
まあ、酒好きだからいいのですが。
夏だしね!(すべては夏のせい!!)


①ビール飲み放題@Steam Whistle

CNタワーの近くに、ひっそりとあるビール醸造所「Steam Whistle」。
ビール工場見学のおまけでビールの試飲ができます。

いつものahiちゃん、dr.hiroさん、それとほぼ初対面のよしこさんとOHさんと、
5人で一緒に行ってきました。
2組のカップル+ピヨさん。
…もう慣れたわ、この微妙な立ち位置(笑)
しかし心の底では、合流予定のMaさんの登場を、ひそかに待ち望んでいたピヨさんでした。
テヘ。

では、気をとりなおしまして工場紹介。
whitewhistle.jpg

こんな感じで、CNタワーやロジャースセンターなどなど、
メジャーな観光施設の端っこに、ひっそりとたたずんでおります。
ちょっと見逃しちゃいそうでしょ。

そしてこんな感じで、出来立てビアーをグラスに注いでくれます。
whitewhistlebar.jpg


こんなちゃんとしたビールが飲み放題!
しかもタダですよ、奥さん!!
whitewhistlebeer.jpg


実際には、工場見学に数ドルかかります。
でも見学は特にしなくてもよいらしい。
ピヨさんも、飲んだらマッタリしちゃって、見学はしませんでした。
タダ飲みー。

工場見学前に試飲させちゃうあたり、商魂ないなあって思ってしまう、日本人ピヨさん。
飲んで帰っちゃう人も結構いるし、これで採算とれるんかいなー??
その辺の誤差は宣伝費ってことなのかな。

まあ、あたしの心配することじゃあないのですが。
タダで飲めるのは嬉しいことなので。




②飲みすぎ@ベジタリアンBBQパーティー

その日の夕方。
1階の住人ジュリイから、友人宅のBBQパーティーに一緒に行こうって誘われたので行ってきました。

その友人Bちゃんはレズビアンだそうで、ジュリイは、
「一応確認なんだけど、そんなわけでパーティーの客のほとんどはレズビアンの人たちだけど、それでもOK?」
と、あたしに気を使っていた…。

そういえば以前も、他の友人(本人がレズビアン)から同じように気を使われたことがあったなあ。
やっぱ、日本人って、そういうこと気にしそうにみえるのかなあ。
それともあたしの雰囲気がそうなのかなあ。

あたしとしては、自分自身が「恋愛に対してレアな人種(hiroさん談)」なので、
性的にマイノリティーな人々にはとても親近感があって、
まちがっても差別とか嫌悪感とかはないのに…(T_T)
自分もマイノリティーなんだからさ。
仲良くなりたい。

で、「全然心配なし!むしろ好き!!」とジュリイに伝え、
2人でパーティーに行ってきました。

ジュリイにも言われてたし予想はしてたんだけど、やはりベジタリアンBBQ。
なぜか、レズビアンにはベジタリアンが多い!
なんでだろう。
肉、いっさいナシ。
豆で作った肉(?)をBBQしてました。
見た目は肉なんだけど、でも、あたしはやっぱり本当の肉の方が好きだ…。

パーティーには、ホントにいろんな人が来てて、楽しかったですよ。
80sに憧れる若い子たちも来てて、そんな彼女らに「80sとは何ぞや」を語る、
80sに青春を送ったあたしたち。
今、80sがアツイらしい。
イメージ→FLASHDANCE20PINK.jpg



たくさんたくさん飲んでー、クラブにも行っちゃってー、
ヘベレケになってー、すごくすごく楽しかった。
なんかね、なぜだかね、こういうの好きなんですよ。
こういう夜は、トロントに住みついてしまいたい!と、強く思ってしまうのでございます。


しっかし、書いてみると、ホントに朝から飲み続けの一日だなあ。
要休肝日。
秋にそなえて勉強もしなきゃなのにね。
でも、まあいっか。
夏だからね!(結局すべては夏のせい♪)




トロント最古の飲み屋 『Wheat Sheaf』

8月17日(金)

飲み友達ahiちゃんとhiroさんと一緒に『WHEAT SHEAF』へ。
トロントで一番古い飲み屋さんと聞いたので、一度行ってみたかったの。テヘ。

これです。場所はKing x Bathurst。
20071014011447.jpg


店内の様子。
wheatsheafin2.jpg

ナカナカ雰囲気があって、よい。
典型的なカナダのバーって感じです。
ギネスビールおいしかったし。泡最高。

日本の飲み屋には、日本の飲み屋独特のにおいがあるように、カナダの飲み屋にもカナダの飲み屋独特のにおいがあります。
高いバーなどではあまり感じないんだけど、大衆居酒屋系の飲み屋では、すごくこの独特のにおいがします。
日本でも、カナダでも、この独特のにおいがする飲み屋が好きなピヨさんです。

ここのバーも、そんなにおいがしたので、合格!

独特のにおいの原因と思われるもの。↓↓
wheatsheafin.jpg

定番のナチョスとチキンウィング。
あと、たぶん、フライドポテトも、あのにおいに一役買ってると思う。

あー、なんか、「におい考」になってしまった。
ピヨさん、実は意外とにおいフェチなのでゆるしてくださいませませ。

ようは、楽しい金曜の夜でした、っていう日記でした。



心と体に栄養をくれる人

8月15日(水)

仕事から帰って夕食の支度をしていると、
1階に住んでる友人ジュリイから電話がありました。

「夕飯にエビBBQするから、一緒に食べよー。」とのこと。
ハイよろこんで~。

エビだらけ(笑)
shrimp.jpg


手作りドレッシングであえたサラダにそえて。
shrimpsalad.jpg


エビもサラダも、ちょうちょうオイシカッタ。
最高~!!
やめられないとまらないんです。特にこのエビ。


時々こうやって、ピヨさんを招待してくれるジュリイ。
学校の宿題みてくれたり、いろいろ相談に乗ってくれたりと、
ほんとに世話になっております。
しかも彼女と話してるだけで、英語の勉強にもなるし、
あたしと同世代のカナダ人の生活とかよくわかるし、
それに何と言っても、彼女のキャラはマジでおもしろい!
し、頭がいい。
ので、ちょっと尊敬してます。

夕飯後テラスで一服しながら、マルガリータ片手に、
いつもの、まあいわゆるガールズトークをしました。
いろいろあるんですよ、お互いに。
こういうのは、全世界共通だーね。

そして、今のピヨさんが、もっとも必要としてる言葉を、
このジュリイって人は言ってくれたのです。

「もっと自分に自信をもちな!」

これを言われて、かなりハッとしたあたし。
こういうふうに言ってくれる人って、いなかったからさ。
言われるまで、自分に何が必要なのかわからなかったんだけど、
でも、何か足りないものがある気がしてたんだよね。
で、これを言われて、その必要なものが『自信』だったんだなーって、気付いたよ。

そっかー、自信かー。

自信を持つには、今の自分を認めてあげること。
それができてなかったんだね。
ジュリイが教えてくれました。
つか、本人はただいつものように、しゃべってただけなんだろうケドさ。
言ったことさえ忘れてそう(笑)

おなかは大好きなエビで、心は必要としていた言葉で満たされて、
そんな、印象深い、夏の夜の出来事でした。



コロコロコロッケ@手作り

8月13日(月)

ahiちゃん、hiroさんがコロッケを作ったらしいので、およばれに行ってきました。

実はピヨさん、「帰国したら食べたいもののトップ3」に
必ずコロッケが入っているほど、コロッケ大好きです。
ピヨ父もコロッケマニアだったため、
ウチの食卓にはかなりの頻度でコロッケが登場してました。

しかしピヨ母は、これだけの頻度で食卓にのぼるコロッケを、
手作りするのがめんどくさかったのでしょう。
ウチの食卓にはいつも、生協の冷凍コロッケを揚げたものか、
スーパーの惣菜コーナーで購入したコロッケがならんでおりました。

「コロッケは買うものなの。家で手作りはできない、むずかしいものなのよ。」
と、幼い頃に教えられて育ち、しかもそれを大学生になるまで信じこんでいたあたし。

なのでいまだに、「コロッケを手作りする人」をとても尊敬してしまいます。

korokke.jpg

なんと3種類ものコロッケを作ってくれたahiちゃん。
どれもこれもおいしかった。
揚げ物なのに、かなりの量を食いました。
この写真はあらかた食べつくしたあとです。
これの3倍くらいはありましたねー。

そのあと、二人の暮らすシェアハウスの住人、
OHさんからの差し入れでサッポロビール、いただきました。
居合わせたピヨさんもごしょうばんさせてもらいました。
テヘ。ラッキー。
sapporobeer.jpg

コロッケとサッポロビールで、まるでニッポン満喫。

ahiちゃん、hiroさん。いつもごちそうさまでーす!


Taste of Danforth

8月11日(土)はれ

greekfesta.jpg

今週末はギリシア人街で、
「Taste of Danforth」というお祭りをやってます。

去年も行ったので、そうとう混んでいるのは知ってました。
で、昼間の暑い暑い中人ごみにもまれるのもね~、って思ったピヨさんは、夕方からくりだしました。


ヒロセンセ&アヒちゃんもさそってみたけれど、
アヒちゃんが夕飯に蕎麦作り始めていたのと、
去年もいったことがあるとのことで、却下。ぐすん。

でも、ヒロセンセ&アヒちゃん、
一緒に来なくて正解でした!
さすが、先見の明がおありになる!!

この祭り、夜になるとさらに人がすごすぎて、
ちっとも前にすすめません( ̄□ ̄;;

とにかくすごいんです!!!!!

しかも、どの屋台もすんごい行列。
とくにグリークフードの屋台は、ありえないことになってました!

夕飯にグリークフード~♪
などど浮かれてくりだしたピヨさん。
思えば、そんな人たちが、この瞬間ここに集合してるわけです。

せっかく来たんだから、ということで、
根性でギリシャ風串焼きを購入したピヨさん。
わき道に入り、ひとり道路の縁石にこしかけ、ギリシャの串焼きをほおばる、女3●さい。
もー、異国の地でひとりでなにやってんだろー、って思った瞬間でございました。

まあ、夜中にピザ買出しに行くくらいの変な根性があるので、
このくらいは、日常茶飯事なのでございますが。

疲れと空腹で、戦利品の串焼きの写真撮るの忘れちゃいました。
まーいっかー。
おいしかったしね。


酔いどれ学習法と真夜中のピザピザ

8月8日(水)はれ

久々の飲み。
あつまったメンバーは、ロビンとコートニーとジュリイ。そしてピヨさん。
ボランティアしてた学校の先生仲間です。

この仲間で飲むときは、いつも学校の近くの地味~な飲み屋にいくんだけど、
そこは地味なだけにパティオがない!
なので、きゅうきょ場所変更。
本日は「Big Slice」という店へ。

bigslice.jpg

夏のビールはパティオで飲まなきゃ!
っていう、カナダ人のこだわりのようです。

途中で、ジュリイの友人ドウも合流。
彼女はフランス語と英語のバイリンです。
しかも、沖縄にホームステイしてた経験あり!
初対面だったけど、ニッポン話でもりあがりました。

飲み会は、ピヨさんにとって英語力の実践の場でもあります。
ただ飲んでるわけじゃないんですよー。
好きなビールが飲めて、英語の勉強にもなる。
一石二鳥っ!素敵っ!!

そして今回は、
なぜだか、結構、聞き取れてるかも?!
そして、いつもより話題に入れてるかも!!
たまたまかもしれんが、ちょっとは成長したのかなあ???
うっひょひょ~だねえ(喜)

で、楽しい飲みだったわけですが、
帰宅後、夜中1時ごろに突然ピザが食べたくなってしまったジュリイとピヨさん。
(あたしとジュリイは、同じアパートにすんでるのです。)

そんな夜中にピザを求め、あまり安全とはいえないうちのご近所をうろうろさまよう、酔いどれ女2人。
一番近いピザバーに行ってみたけど、閉店5分前でピザは品切れ。

そこであきらめればいいのにね。
っつうか、普通の人はあきらめますね。
でも、そこは酔いどれ女2人組。
「クイーンストリートには店がたくさんあるから、きっとピザ屋もあるはずだ!」
っていう根拠のない自信で、
ちょっと先のクイーンストリートまで足をのばすあたしたち。

おバカですよねー。
自信はあってもあてはないわけですよ。
夜中ですよ。

しかし!あてずっぽうでさまよったら、「Pizza Pizza」っていう、
オンタリオ州発祥のピザチェーン店発見したんです。
なーんてラッキーなんでしょう!

どーん。このマークでおなじみ。
pizzapizza.jpg

君は命の恩人(笑) ありがとよー。

発見した時のうちらの喜びようったら、すごかった。
砂漠でオアシス見つけた人のよう。
こん時食ったPizza Pizzaのピザ、人生で一番おいしかったよ(笑)

一緒におバカをやってくれるジュリイ。
しかも同じアパートに住んでて、
うれしいなーって、しみじみ思ったピヨさんでした。

そういう存在って、結構貴重じゃないですか?


Corktown

トロントの街並みは、くるくる変わって楽しい。
そんなわけで、まちあるき好きなピヨさん。

本日は、気になるエリアCorktownのご紹介。
corktown2.jpg

Corktownはダウンタウンのすぐ東側。King streetとQueen Streetが交わる、Don川の西側のエリアです。


名前の由来は、アイルランド南部にあるCork郡からだとか。
19世紀におこったアイルランドの大飢饉。
中でも深刻な大打撃をうけたのがCork地方。
たくさんのCorkの住人が、故郷をすてて新大陸に渡りました。
ここトロントも、そんな彼らが移り住んだ街のひとつ。

一説には、この辺りにコルク栓工場があったから、とも言われてますが、信憑性が高いのは前者らしい。
ちなみにCorkはコルクのこと。

その昔Corktownの住人のほとんどが、醸造所やレンガ工場で働いてたそうです。
あまり裕福ではなかったため、近くの教会の家族席のお金が払えず、自分達で教会をつくっちゃいました。素敵っ!(笑)
corktown5.jpg

それがこの、Little Trinity Church。


このすぐ南には、トロント初のフリースクールTrinity Schoolhouseがあります。
今は、子どもから大人まで利用できる生涯学習センター的な存在みたいです。
当時の教室をそのまま残し、ミュージアムにもなってます。
corktown4.jpg

corktown3.jpg



一度は道路の建設などの関係で、街がさびれてしまったらしいけど、最近はこの便利なロケーションが注目されて、オシャレなカフェやお店等も増え、復活のきざし。
coketown1.jpg



あまり知られてませんが、ガイドブックにものってませんが、
意外と奥深いCorktown。
なかなか街の歴史がおもしろかったし、
街並もなんだかかわいい感じで、あたしは好きです。
ぜひ一度、話題作りにどうぞ。なあんて。


でも、夜はちょっと治安悪そうなので要注意。
特にQueen x Parliamentのあたりとか。浮浪者がたむろってたりします。
個人的にそう思っただけかもしれないんだけど、でも注意するにこしたことはないしねっ。


ベッカムさん in Toronto

8月5日(日)晴れのちくもり

ベッカムがトロントに来た。
トロントのメジャーサッカーチームToronto FCと、ベッカムの所属するLA Galaxyのゲームがあったから。

でもこれだけ盛り上げといて、ベッカム本人は足首のケガのため出場せず。
ベンチで応援です。
torontofc2.jpg


友人ジヨンの彼さんのクリスは、FCファン。
ベッカムが来るってので、
「ベッカムがトロントに来たから飲んじゃおう!」Partyを、クリスんちで開催することに。
みんなでビール飲みながら試合をみました。

クリスの家に向かう途中、ストリートカーの窓からたくさんのFCファンを見かけました。
みんな赤いFCユニフォーム着てるので、すごく目立つ。
そんな赤い集団に、ストリートカーの運ちゃんも、
「プップー」ってわざとクラクション鳴らしたりして。
なんか街中盛り上がってる感じが良いなーって思ったよ。

ちなみに、これがFCのユニフォーム。
pADIDAS1-3599959reg.jpg

なので、客席も赤い(笑)
torontofc1.jpg

当然クリスも、この赤いの着てました。
試合の結果は0-0で引き分け。
でも、FCはすごくがんばってたと思います。

しかしながら観てて驚いたのは、
LAチームがコーナーキックになると、観客席からピンクの紙テープが飛んでくるってこと。
(ブーイングの意味らしい。)
色がピンクなのは、「けっ!女っぽい男!!」って意味なんだって。(←クリス談)
でも、これ、足に絡まったりして危なくないんだろーか?

ピヨさん、ベッカムに特に興味があるわけではないのだけれど、
せっかくだから、やっぱり出場してほしかったわ。
だって、やっぱ、有名人だし。(←ミーハーなので。テヘ)

でも、テレビはベッカム特集一色でしたねえ。
「生い立ちから現在まで」みたいなのやってたし。
若かりしころの彼は、とってもかわいかったなあ。
今もハンサムだけどね。



カリビアン魂

8月4日(土)晴れ

炎天下の中、ええ、ものっすごい炎天下の中、
毎年恒例、Caribana Festival(カリバナフェスティバル)に行ってきたよ。

carib3.jpg

今年は40周年記念だそうで、いつもより盛大だとか。
鮮やかな衣装や山車が、オンタリオ湖に映えます。
気分はカリブ。

トロントには、カリブ諸島からの移民の人がたくさんいて、自分達のルーツをとても大切にしてます。
calib1.jpg


ピヨさんの友人も、先祖はカリビアン。
なので毎年このパレードに参加していて、自分達にとって大切なイベントだって言ってました。
気合入りまくってた。いいよね、そういうの。

スチールドラムの音色は、青く澄んだ海と白い砂浜を連想させる。
carib2.jpg


このパレードが行われたのは、うちのすぐ近く。
ピヨさんがいつもローラーブレードしに行ってるところです。
なので、部屋の中にいても、充分カリブな音楽が聞こえてきてました。

うちの近所はもともと、ブラックの人たちが多いエリアなんだけど、いつもにましてブラック人口激増な1日。多分人口の90%以上そうだった。

そんなわけで、気分はカリブだったピヨさんは、
「Carib」という名のビールを購入。
南の島の味がしました。あは。
carib4.jpg






Make a Wish!!

8月3日(金)晴れ時々くもり。ハンパなく暑い。

今月1ヶ月間、留学生ビジネスのアシスタントをすることになりました。
先月1ヶ月は、実際生徒として、高校生と一緒に勉強し、
で、今月はその学校のスタッフとして修行。
ボランティアおわってからも、何だかいろいろチャンスをもらっております。


さて、今日は、コリアンの友人クリスティンの誕生日パーティーでした。
クリスティンと、彼女のルームメイトのジヨンは、
トロントできた、思えば、いちばん最初の友達。

「Make a Wish」 中。とても真剣。
何を願いしたのかなあ
kris.jpg


Happy Birthday, Kristin!!



ミネアポリスの親友

8月1日(水)晴れ

夕方テレビを何気なくみていたら、臨時速報。
アメリカのミネアポリスで、
ミシシッピ川にかかる高速道路の橋が崩落し、
川に落下したらしい。

minneapolisbridge.jpg

あまりのすごい映像に、ピヨさんの心は氷結。
なぜなら、ミネアポリスには親友のカーリーが住んでるから。
電話をかけてみたけど、ミネアポリスの電話回線がいっぱいいっぱいらしく、
その旨のアナウンスが流れるだけでつながらない。

カーリーとは、育った国も肌の色も違うけど、でも、一番の親友。
2年前、住み込みで働いてた時のルームメイト。

当時、ものすごくつたない英語のピヨさんの話を、一生懸命真剣に聞いてくれたカーリー。
今年のピヨさんの誕生日には、
「今年の誕生日はひとりぼっち~」ってつぶやいたピヨさんのために、
こっそりミネアポリスからトロントまで飛んできてくれたカーリー。

そんなカーリーの暮らすミネアポリスで、この大惨事。
連絡もつかないし。
ピヨさん、久々に泣きそうでした。

そして臨時速報から数時間後、
ようやく電話はつながったけど留守電。
メッセージをのこしました。

で、先ほど、カーリーから電話がかかってきたんだけど、なぜだか混線。
やっぱり、ミネアポリスの電話回線の関係なのかな??
そしたら、その後すぐテキストメッセージが届いて、
「I am okay」
とのこと。

やったーーーー。
よかったーーーーーー。
すごい心配だったよーーーーーう。

やっぱり、日本に帰る前に、
カーリーに会いにミネアポリスに行こう。
ロッキーもオーロラもいかなくていい。
その時間とお金で、カーリーに会いに行くんだ。

そう決意したピヨさんでした。



Canadian Idol

7月31日(火) 晴れときどきくもり

最近のピヨさんお気に入りのテレビ番組は、
今さらながら『Canadian Idol』です。
『American Idol』のカナダ版。
canadianidol1.jpg



アイドル希望の候補者達が、
毎週ステージにてパフォーマンスを繰り広げ勝ち抜いてゆく、
いわゆるオーディション番組です。

何か、その昔の『アサヤン』を観ているかのよう。
あ、『アサヤン』知ってます?
モー娘。とか、もともとこのオーディション番組から出たんですよ~。
ケミストリーもそう。

月曜にパフォーマンス披露が放送。
そのあと、電話等で視聴者の投票が行われ、
火曜にその結果が放送されます。

トップ10こえると、みんな味があって、
誰が落ちてもおかしくない状態。

そんな中でもピヨさんのお気に入り、ブライアン君。
かわいいっしょ(〃▽〃)
canadianidol2.jpg



今週でとうとう、トップ7まで絞られた!
うわっ!!目が離せない!!!
ブライアン君には、ぜひがんばってもらいたいわ。




Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。