FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyocanada.blog109.fc2.com/tb.php/168-da7dcef2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

曲がり角の向こう

Jan 13th 2007

新年明けてからのこの2週間、
ほんとにほんとに色んなことがおこったのです。

実はわたしのPEI行きの目的のひとつだった、アイスホッケー。
PEIにはジュニアメジャー(プロの1つ下)のチームがあります。
そこには、わたしのお気に入りの選手がいたんです。
でもPEIにいる友人から、
「新年早々のゲームで、彼がつけていた背番号を違う選手がつけていた」との情報がっ!!
ホームページで確認したら、それはホントに本当で、
しかも、彼の消息はわからず(-_-#
トレードされたのか、単にホッケーをやめてしまったのか…。
とにかく彼は今、PEIのチームではプレイしていないのです。

更に、2年前にお世話になった、PEIのホストファミリー。
わたしがPEIに戻ることを知ると、部屋探しを申し出てくれました。
(彼らの家には、もう余分な部屋が無いのです。)
しかし、その後連絡が途絶え…。(とは言え、1ヶ月ほどのことですが…)
先日のメールで、彼らが離婚したことを知りました。
わああ、ビックリ。
そしてホストブラザーたち(4歳と、もうすぐ1歳の男の子達)を思うと、心が痛いです。
みんなで会おうねって言ってたのに…。


こうなってくると、PEIに戻る目的は、
以前通っていたESLスクールでの、日本人カウンセラーとしてのインターンシップだけ。
もともと、留学生のサポートをする仕事をしたかったんだから、
せめて、このインターンシップを精一杯頑張ろうって、
自分をなぐさめてた数日間。


そして…
先週の木曜日の夜。
学校の校長先生から、再度「残ってほしい」との申し入れがありました。
しかも、今回は「幼稚園アシスタント兼日本人留学生の相談役」として、という話。
留学生のサポートは、わたしがずっとやりたかった仕事。


もう断る理由がナイ!
同僚の先生たちからも、生徒たちからも、
「行かないで~!!!」って言われてるし。

このご時世で、このチャンスをのがす、
そんなおバカなピヨさんではありません。

決めました。
PEIには行きません。
トロントに、この学校に残ります。


金曜日の朝、
出勤して、同僚の先生たちに
「この学校に残ることにしたよ。PEIには行かないよ。」
って報告したら、ハグの嵐でした。

ホントに大切にされてるんだなあって実感。
「やっぱりピヨ太じゃないと!」
って言ってもらえて、泣きそうになったピヨさん。


すべてが、すべての出来事が、
あたしのPEI行きを引き止めてた気がします。
これはホントに運命なのかもしれません。

モンゴメリ著「赤毛のアン」の中で、、
「(前略)自分の未来はまっすぐにのびた道のように思えたのよ。
いつもさきまで、ずっと見とおせる気がしたの。
ところがいま曲がり角にきたのよ。
曲がり角をまがったさきになにがあるかは、わからないの。
でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。(後略)」
という、主人公アンが言った一節があります。

今まさに、わたしは曲がり角をまがった気がします。
この先何があるかわからないけど、
アンの言うとおり、「きっといちばんよいもの」なんだと思います。

そして、全てはなるようになり、起こるべくして起こるのだと。

迷い猫ピヨ太、これからも思う存分迷子になって、
人生楽しんじゃおうと思います( ̄▽ ̄)ノ




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyocanada.blog109.fc2.com/tb.php/168-da7dcef2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。