Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyocanada.blog109.fc2.com/tb.php/99-c67c364c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Parkdale

PC050201_convert_20080613233720.jpg

ダウンタウンの西に隣接して、Parkdale(パークデイル)という街があります。
ダウンタウンを西へ西へ進み、Dufferin Streetを渡ったとたん、
それまでのおしゃれな雰囲気がガラリと変わります。
そこがParkdale。

トロント内で数回引越しをしたピヨ太ですが、
このParkdaleは、帰国直前、一番最後に暮らした街でした。
トロント人のParkdaleに対する評価は、正直あまりよくありません。
ズバリ言うと、浮浪者が多いんですね。
メイン通りをふらりと歩けば、すぐ誰かに「小銭ちょうだい」って声をかけられます。
お世辞にも、決してキレイとはいえないこの街。

でもわたしは、誰が何と言おうと、Parkdaleが好きでした。
想い出がいっぱい詰ってるからかもしれない。
オンタリオ湖にも近かったし。


今はこんな感じで、あまり評判のよくないParkdaleですが、
その昔は、オンタリオ湖畔の街として栄えてたんです。
ビーチや遊園地もあって、裕福な観光地だったんです。
その名残で、この辺の家は大きなビクトリア調のお屋敷がたくさん。

でも1995年に始まったハイウェイの工事で、街の様子はすっかり変わってしまいました。
オンタリオ湖と街を横切るかたちでハイウェイが建設されたため、
ビーチへのアクセスが悪くなり、人の足は遠のき、
そしてさびれていったのです。

その後、残った大きなお屋敷は部屋ごとに貸し出され、
安い家賃を求めて、たくさんの移民の人が移り住みました。
だからこの街は、ビクトリア調の土台に、いろんな国の言葉の看板が掲げてあって、
どこか無秩序でゴチャゴチャした印象をうけます。
その無秩序さは、今や観光地化しているケンジントンマーケットのそれとは違って、
うまく言えないけど、そう、何かもっとズンとくる感じ。

わたしも、その部屋ごとに貸し出されたお屋敷の、ベースメントに住んでました。


現在は、ダウンタウンからのアクセスの良さと、
やはり安い家賃を求めて若手アーティストらが移り住み、
おしゃれな街へと変貌しつつあります。
復興のきざし。
わたしは、ちょうどその「これから」の時に暮らしていたので、
なんか思い入れがあるのかもしれません。

わたしがトロントに戻った時は、どんな街になってるのかなあ。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://piyopiyocanada.blog109.fc2.com/tb.php/99-c67c364c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ピヨ太

Author:ピヨ太

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。